シンプルな編み方。成長したコクーンカーディガン

四角を編むだけでできてしまうという、私の「コクーンカーディガンの作り方」はご覧になりましたか?

そうなんですよ。基本的な形は、四角を編んでそれの端っこを少し縫い合わせるだけでできてしまうんですよ。

とっても楽チンで、デザインも私好み。で気に入っているんですけど、このコクーンカーディガン、お腹部分のカバー力がイマイチ。

ということで、コクーンカーディガンをバージョンアップさせてみました。その名も「成長したコクーンカーディガン」

材料

  • 毛糸(1玉100g /180mの毛糸を私は620g使いました)
  • かぎ針(全体的に6mmー10 号を使い、袖の部分は5mmー8号を使いました)
  • はさみ
  • とじ針

ゲージ

お洋服などのサイズがちゃんとして欲しいものを編む時は、ゲージをとる事を強くお勧めします。

今回、私のゲージは 8段X17目(10cmX10cm)です。

詳しいゲージの取り方は、こちらの動画をご覧ください。

【編み物】ちょっと手抜き?ゲージをとってみた。

編み進め方

従来のコクーンカーディガンは四角だったのに対し、成長したコクーンカーディガンは、このようなちょっと太っちょなTの字のような形がベースとなります。

それの両端を折ると、そこが袖となります。

今回はそのメインパーツに、前のリブと袖のリブを編み足しました。

模様編み

メインとなるパーツの模様は、アラン編みを意識して編みました。そうしたら、なんか私的に北欧っぽい模様になった気がします。

編み方自体は簡単で、「中長編みのすじ編み、長編みの裏交差編み、長編みの交差編み、中長編み」。これを1段ずつ編んで、この4段の繰り返しになります。

詳しくは動画の2番で説明しています。

サイズ

上記のサイズで私は作りました。日本のMサイズになると思います。サイズの変更の仕方は動画の1番で詳しく説明しています。

ユーチューブ動画

【かぎ針編み】成長したコクーンカーディガンの編み方1/5

【かぎ針編み】成長したコクーンカーディガンの編み方2/5 模様の編み方

【かぎ針編み】成長したコクーンカーディガンの編み方3/5 本体部分の編み方

【かぎ針編み】成長したコクーンカーディガンの編み方4/5 リブの編み方

【かぎ針編み】成長したコクーンカーディガンの編み方5/5 袖の編み方

後書き

これ、結構着ています。トロントでこのカーディガン着ている人がいたら、間違えなく私でしょう。いい感じにゆるくてすっごく気に入っています。

動画の1番の冒頭で肩幅の話をしていますが、私は45cmで良かったかな?と思っています。肩幅を狭くすると、スッキリしたカーディガンができるかとは思いますが、同時におしり部分の幅も狭くなってしまうのではないかな?と思います。