初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

あみぐるみを作るのは好きだけど、パーツの縫い合わせ作業はイマイチ・・・というのは、きっと私だけではないはず!
ということで、今回は縫い合わせ作業の少ないあみぐるみを作ってみました。

パーツとして別々に作るのは、耳2つと本体のみ。頭と体はつなげて作るし、体を作り終わった残り糸でしっぽを作って、1本の糸で手足の4箇所を編みながら縫っていく!?感じです。

サイズ自体も小さいですし、初めてのあみぐるみ作りにももってこい!なうさぎさんじゃないかな?と思います。

材料

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方
  • 毛糸(お好きな毛糸で構いません)
  • かぎ針(私は4mm)
  • 刺し目(ボタンでも刺繍でもビーズでも構いません)
  • 黒い毛糸(鼻用)
  • 毛糸の切れ端(スティッチマーカー用)
  • はさみ
  • とじ針
  • わた

材料での注意点は2つ。

  • かぎ針は毛糸の帯に書いてあるサイズよりも小さめ・細めを使うこと
  • わたはとじ針を通すわたであること。
初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

編み方

*耳は同じものを2つ作る

*私はあみぐるみを作る時は、段の継ぎ目引き抜き編みと立ち上がりのくさり1をせず、ペロペロキャンディーのように編んでいます。1段ごとに引き抜き編みをするかどうかは好みの問題だと思うので、お好きな方でお編み下さい。

耳1段目

輪の作り目に細編み4(4)

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

耳2段目

増し目(同じ目に細編みを2目ずつ)x4(8)

耳3〜5段目

細編みx8(8)

耳6段目

(減らし目、細編み2)x2(6)引き抜き編み

頭に縫い付けられるように20〜30cm残して糸を切る。

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

本体1段目

輪の作り目に細編み6(6)

本体2段目

増し目(同じ目に細編みを2目ずつ)x6(12)

本体3段目

(増し目、細編み1)x6(18)

本体4段目

(細編み2、増し目)x6(24)

本体5〜8段目

細編み24(24)

本体9段目

(減らし目、細編み1)x8(16)

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

耳を付ける

左右のバランスを見ながら、耳を縫い付けていきます。

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

目を付ける

まず目を入れてみて、その場所で良ければ、裏をストッパーで固定する。もしくはボンドでとめる。

鼻を付ける

私は今回黒にしましたが、赤とか茶色でも可愛いと思います。ポイントは縫い付ける時、糸を引っ張り過ぎないこと。あえてちょっとふわっとさせておいたら可愛いと思います。

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

本体10段目

減らし目x8(8)

頭に綿を詰める

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

本体11段目

増やし目x8(16)

本体12段目

(増やし目、細編み3)x4(20)

本体13〜15段目

細編み20(20)

本体16段目

(減らし目、細編み3)x4(16)

本体17段目

減らし目8(8)

本体終了

糸端80cmほど残して切る。綿を入れ、本体部分を閉じる

しっぽ

本体部分の残り糸をとじ針を使って、しっぽの位置の下部分にもってくる。

くさり3、中長編み5目の玉編み1

しっぽ上部分に引き抜き編みをして、糸処理をする。

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

手足

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

糸120cmぐらいを用意する。

手を付けたい位置にかぎ針を入れ、糸を引き抜く。

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

その目から針を下向きに入れ、糸をもってきたら、くさり6

糸を引き抜き、とじ針に糸を通し、手のすぐ下に針を入れ、反対側の手の位置に針を出す。

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

そしてくさり6、引き抜き編み。

同様に足も編む。

私の好みは、手はくさりを編んだら、上から下に行くように付け、明日は左右にいくように付けること。そうすると手の輪っかは縦向き。足は横向きになります。

完成

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方

ユーチューブ動画

【あみぐるみ】うさぎのあみぐるみ。ちょっと手抜き。縫い合わせ作業かなり少なめです。

まとめ

このうさぎさんは、しっぽがいい安定剤となり、自立してくれるはずです。けど、もっとしっかり確実に自立させたかったら、うさぎのした部分。本体を閉じる前にその中に厚紙を入れたり、乾燥豆などの重しになるものを入れるといいと思います。

そして、手足のところがくさりあみだけではなんか物足りないな・・・という方は、細編みを少し編み足しても可愛いと思います。

初心者向き。縫い合わせ作業が少ないウサギのあみぐるみの編み方