かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる

かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる

sponsored link




鎖編み・細編み・長編みあたりをマスターしたら、次はこれ!!

かぎ針編みの基本中の基本、「細編みで円を編む」を初心者の方にもわかりやすく説明してみようと思います。

この円の編み方を習得してしまえば、コースター・アクリルたわし・モチーフ・ブランケットなど、かぎ針編みの世界がとても広がるはずです。

かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる。編み図

まず、これが細編みの円を編むための編み図です。(ど素人がドローを駆使して作った編み図なので、多少の歪みなどは多めにみて下さいm(_ _)m)

細編みの円の編み方

輪の作り目

  1. 人差し指に、糸を2回巻きつけます。
    かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる
  2. 指から人をはずします。
    かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる
  3. 左の親指と中指で二重の輪がほどけないようにしっかりと押さえながら、輪の中に針を入れ、糸をかけて引き出します。
    (糸の端は押さえている左の親指の下。糸玉に繋がっている方は左の人差し指にかかっている。)
    かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる
  4. 鎖編みを編むように、もう1度糸をかけ引き出します。これで最初の目の出来上がり。けど、この目は1目とは数えないのご注意を!
    かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる

丸く編んでいこう

  1. <1段目>輪の中に針を入れ、細編みを6目編みます。
    かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる
  2. 輪を引き締めます。これは完全な自己流なんですけど、私は最初の細編み1目の所に針を刺してから、引き締めます。引き締めた後に目を探そうとするとキュッと目が詰まってて見つけにくいじゃないですか。この方法だと目を見失わずに済みますよ。
    かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる
  3. 長い矢印の方向に糸の端を軽く引っ張ると、輪にしていた糸の2本の内1本が短くなります。今回は①が短くなりました。なので、①の糸を短い矢印の方向に引っ張ります。そうすると②の糸が引き締まるはずです。②の糸がキュッと終ったら、糸の端を再度引っ張り①の糸を引き締めましょう。
    かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる
  4. 引き抜き編みをして、1段目は完成です。
    かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる
  5. <2段目>円を編むときは、1段につき6目ずつ増やします。立ち上がりの鎖を1目編みます。
  6. 引き抜き編みしたところと同じ目、つまり1段目の細編み1つ目の上に細編みを2つ編みます。(増やし目)
  7. 残りの目にも細編みを2つずつ、つまり増やし目をしていきます。(12目)
  8. 引き抜き編みをして2段目完成。
    かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる
  9. <3段目>立ち上がりの鎖を1目編みます。
  10. 3段目は1目おきに増やし目をします。引き抜き編みをした目は、細編みを1つ。次の目は細編みを2つ(増やし目)。この2つを繰り返します。(18目)
    かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる

このように8段目まで編むと、48目になります。
かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる

円をきれいに編むためのコツ&応用

円をきれいに編むためのコツ

上の写真でも気づいている方もいらっしゃるかと思いますが、今回の編み図通りに編みますと、”円”と言ってはいますが、六角形になります。

「じゃ〜どうやってまん丸くするの?」

それは、簡単です。段ごとに増やし目をする位置を変えればいいのです。
かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる

上の写真左は今回解説した円の編み方で編んだもの。右は増やし目の位置を変えて編んだもの。

例えば
1段目;細編み6 =6目
2段目;(増やし目=1つの目に細編みを2)X 6 =12目
3段目;(細編み1、増やし目)X  6 =18目
4段目;(増やし目、細編み2)X  6 =24目
5段目;(細編み3、増やし目)X  6 =30目
6段目;(細編み1、増やし目、細編み3)X  6 =36目
7段目;(細編み4、増やし目、細編み1)X  6 =42目
8段目:(増やし目、細編み6)X  6 =48目

このように編めば、丸くなると思います。

印を付ける

何目編んだか?また途中まで編んで分からなくなってしまった時、どこまでほどけばいいかを分りやすくするために、目印を付けるのはとても有効だと思います。
かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる

市販のマーカーを付けるのももちろんいいですが、

かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる

もっと簡単に、他の毛糸をちょっと切ってそれを挟むだけでも立派なマーカーになりますよ。

8目でスタートする円

また、時々編み始めを「6目」ではなく、「8目」にしている円もあります。
かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる

左が8目スタートで8段。つまり64目ある円?8角形です。右がオリジナルの6目スタートの8段。48目です。

同じ8段ですが、やはり大きさが随分違いますね。

目の立ち上がりをまっすぐ&カービーに

かぎ針編みの基本。「細編みで円を編む」をわかりやすく解説してみる

この右2つと左2つの違い、お分りいただけますか?私の編み図通りに編んで頂くと、右のような立ち上がりの目がまっすぐな円が出来上がると思います。

左はどちらも立ち上がりの鎖編みをしてすぐ増やし目をしたものです。ちょっと渦巻きのようなうねりがほしかったら、増やし目から始めるとうねります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?これを見て、「円の編み方、わかったよ。」とか、「かぎ針編みはじめてみよう!」なんて素敵な方がいたら、私1人で阿波踊りしちゃいそうです。というのはちょっとウソですけど、少しでも多くの方にかぎ針編みを身近に感じていただけたら、うれしいです。

sponsored link