ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!

硬すぎて編めない!と思っていたビニールテープも、色々な方からのアドバイスのおかげで、なんとか編める状態になりました。

ビニールテープが硬すぎて編めない!と悩んでいる方、良かったらこちらをご参考になさってください。

ビニールテープが硬すぎて編みにくい時のコツ5つ

2020.06.15

今回、私のバッグのお気に入りポイントは2つ!

1。ビニールテープの硬さを利用して編んだので、編み目が立体的でお花のつぼみみたい。

2。以前編んだ麻紐バッグ同様、段の継ぎ目がわかりにくい。

では、今年はプールが開くかも怪しいですが、ビニールテープバッグ、夏気分モリモリで作っていきたいと思います。

材料

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!
  • ビニールテープ
  • かぎ針(私は今回8mmを使用しました)
  • とじ針
  • はさみ
  • ロープ60cm X4本(持ち手用)

あと楕円形を編むときにスティッチマーカーがあると便利だと思います。

編み方

楕円形を編む

編み図付き。楕円形の編み方を詳しく説明してみた。動画もあるよ。

2020.06.11

楕円形の編み方は毎回同じなので、こちらを参考になさって下さい。

私は今回くさり20目(21cm)でスタートして、6段(34cm X11.5cm)編みました。

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!

1段目

立ち上がりのくさり1。引き抜き編みをした目に針を入れて糸をもってきて、その隣の目に針を入れて糸を持ってくる。そうすると針にかかっている糸は3本になるので、長編みの要領で糸をかけて2本引き抜き、また糸をかけて2本引き抜く。

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!

次は先ほど針を入れた2目の内の左側の目からスタートして、同じ編み方をする。(いつも2目ずつとるけど、最初の目は前の目で編んだ左側。次の目はその隣の新しい目)

う〜ん。文字にすると難しいですね。よくわからない方は動画をご覧ください。実際はとても簡単な編み方です。

段の最後は、最後の目に針を入れて糸をもってきて、引き抜き編みは飛ばして、段の1番最初の目(目の上ではなく下。1番最初の目を編むときに入れた目)に針を入れて糸を持って編む。

引き抜き編み

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!

2段目以降

1段目と同じ編み方を好きなバッグの高さになるまで繰り返す。

側面部分完成

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!

私の場合、底の端から測って26cm分編みました。

持ち手

私の場合、ロープが細身だったので、特にロープ用の目をあけなくても、そのまま目と目と間にロープが入りました。もし、ロープが目の間に入りそうもなかったら、全て編み終わる前。2・3段前にロープ用の穴を鎖編み等であけておいて下さい。

位置の決め方

底部分の楕円形の1番最初に編んだ鎖編みのラインを基準に、バッグを半分におります。その後、左右で半分に折ります。

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!

その時角になっている部分がバッグの中心になるはずです。

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!

ただ分厚いバッグを折っているので、多少の誤差が生じると思います。左右の目の数を数えて、バランスを整えましょう。

付け方

中心が取れた、そこから何目分離れた所に持ち手を付けるかを決めて、内側から外側にロープを通して結く。

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!

そうしたら、私の場合はロープが2本なので編んでみました。

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!

ロープの端10cmぐらいの所まできたら、バッグに通して結きます。

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!

ユーチューブ動画

最後に

このバッグの感想は「は〜編めた。」

色々な方からのアドバイスで無事に編めたけれども、やっぱりビニールテープ で編み物・・・は簡単ではありませんね。

休み休み編んで、なんとかゴール。マラソンのようにペース配分というか、最初に頑張り過ぎないのがコツかと思います。

けど、キラキラして軽くて頑丈。バッグとしては重宝しそうです。

ビニールテープの硬さを利用して夏らしいカゴバッグ を編んでみよう!